山形県天童市のボスコ.ホームです。自然の恵みで家計にやさしい家づくりをご提案させて頂きます。

山形の住宅はボスコホームへ 山形の住宅はボスコホームへ

豚骨らーめん一本道
ライティングされた玄関専門店の雰囲気と、どんならーめんと巡り合えるのかワクワクしてします雰囲気がいいですね。映画のセットのようです。
店内に下げられた暖簾。お店の雰囲気を一層引き立てます。
レトロ感満載の店内。アンティークなスピーカーからは小気味よいジャズが流れます。
広々とした店内。店主の想いがいっぱい詰まりました。
らーめん屋だけれどお酒のこだわりも感じさせます。謎のコックからは何が出てくるのでしょうか。
沢山の方々のアドバイスとアイデアと失敗を恐れない創作魂が結集して豚骨らーめん一本道さんが完成しました。
オーナー開店していないのに雑誌の取材を受けています。ん〜表情かたいですね〜。

おいしい笑顔がみたいから
豚骨らーめんに掛けた想い17年間。夢が叶いこれからも、らーめん人生「一本道」お客様のご紹介での出会いでした。お話を伺えば、らーめん一筋。人生らーめん。他県での修行で地元に戻り、地元のお客様に喜んでいただきたい。そんな思が伝わりました。事業計画、資金計画、用地選定、店舗イメージング、店舗ブランディング。商品に関するご提案までお客様と深く関わりました。実施設計から家具備品製作、備品のデザイン製作まで、お客様とボスコホームで作り上げました。「おいしい笑顔がみたいから」そんなメッセージに店主の人柄が伝わります。

● 企画・設計/黒田祐史 ● 実施設計/三宅恵美子 ● 大工/村上拓郎 ● 家具・什器・備品/中村小一


お客様の声 「こんな工務店さんがこの世にあるなんて」
大江 様
私は、10年ほど前に一度らーめん店を開業したものの残念な結果に終わった経験がありましたが、いつかもう一度らーめんで再チャレンジしたいと心に強く思いやってきました。過去の失敗から10年そろそろ再チャレンジしたいと動き始めたときボスコホームの黒田社長とご縁をいただき初対面の時に資金計画からお手伝いさせてくださいと言われ。普通の工務店では絶対あり得ない位親身になってくれるというか。自分が事業を興すのに私以上にらーめんの事も餃子の事も建物の内観、外観、空間の演出共に細かく相談に乗っていただき、起業する事も経営も右も左もわからない私に本当に色々な事を教えていただきました。単純に引き受けた仕事として建物を建てるだけが工務店さんなのかと思っていましたので、こんな工務店さんがこの世にあるのに今でも信じられない位です!お店の満足度もはっきり言って、点数のつけようがない位!大大大満足しております。アフターホローも恐縮してしまう位こまやかで、黒田社長が自らこまめに店に来てくれて、悩みを聞いてくれて、アドバイスをもらって。私みたいな駆け出しを育ててくれるんだと思うと、日々ただただ感謝しかありません!(^人^)最後に、こんな凄いお店に恥じないように日々頑張り続ける事が社長に感謝を伝えることなんだと思っていますので、常に前をみて頑張り続けます!ボスコ.ホーム様及び関係会社様のおかげをもちまして日々充実したライフワークを過ごさせていただき感謝しております。本当にありがとうございました!


写真集一覧へ